【プロのやり方教えます】シルクセレナーデ |簡単手品種明かし|テンヨー|おすすめマジックグッズ

今回解説する手品は[シルクセレナーデ]です。  |難易度★☆☆☆☆|

現象
3枚の黒いレコードをジャケットの中に入れ、中央の穴へ赤いシルクを通して取り出すと、赤いレコードに変わってしまいます。残りの2枚も青・黄のシルクで、青色・黄色の円盤に変化ししまいます。

初めての方が、人前で手品をしなければいけない時というのは、突然やってくるモノです。

その時に、大活躍する手品がこの「シルクセレナーデ」です。

この記事は

  • はじめて手品を覚える方
  • 小学校のお楽しみ会で手品したい
  • ステージマジックを覚えたい
  • いきなり余興でマジックを頼まれた
  • 急に大勢の前で手品を披露しないといけなくなった
  • メッセージを出せるマジックをしたい

 

以上に該当するには、おすすめです。

ぜひマスターして覚えてください。

用意するモノ

  • シルクセレナーデ
  • 45センチのシルク赤・青・黄 各1枚
シルクセレナーデとは

3枚の黒いレコードがジャケットの中で、3色に染まっていく美しいマジックです。

すぐにマスターできますので、パーティーやステージで大活躍すること間違いなしです。

このマジックを考案した、世界的に有名なマジシャン・パベル氏と独占契約を新たに結び、再製作しました。ジャケットの仕様などが一新され、さらに扱いやすくなっています。

単品でレコードとケースを追加購入されたい方

・レコードとケースのみ ⇒ デアゴスティーニ ザ・マジック20号

別途45cm角のシルクを購入する

  

商品を購入すると30cm角サイズのシルクがついていますが、演技をする上では45cm角のシルクを使うことをおすすめします。

 

準備

商品を買うと、シルクは30センチのサイズのモノが入っています

演技をするにおいては問題ありませんが、

 

大勢の前で見せる場合

一回り大きい 45センチサイズ を使ってください。

 

ジャケットの中にレコードをセットする

ジャケットの中に、レコードを下から

  1. 黄色
  2. 青色(開いてる部分が上)

の順番に並べて入れます。

 

 

シルクをセットする

ジャケットを閉じて

ジャケットの真ん中にシルクを3枚まとめて通してしまいます。

 

 

取り出しやすいように

穴にシルクを通した状態で、取り出しやすいように

3枚の黒いレコードを少しだけジャケットから出しておきます。

 

演じ方

手品全体の流れは非常にシンプルです。

  1. レコードをジャケットにいれる
  2. シルクを穴に通す
  3. レコードを取り出す。

基本的流れはこんな感じとなります。

文章で読むと

「ふ~ん」

って感じですが、実際に演じたときの

お客様の反応は絶大です。

 

それではもう少し、

シルクセレナーデの演技に関して、

詳しく解説していきましょう。

 

 

実演映像 全部で4つあります

動画は、

簡単に演じられて、メッセージも出せる

おすすめの演技映像です。

ぜひ動画をご覧いただき、

シルクセレナーデの基本をマスターしてください

 

 

演技

ジャケットから、黒いレコードを3枚シルクと共に取り出します。

 

左手で持っているジャケットは右の脇にはさみ、

3枚の黒いレコードとシルクを右手から左手に渡します

 

シルクを右手で抜き取り、左腕のひじの上に置きます。

 

黒いレコードを広げて、左手から右手に渡します。

 

そして、お客様に「3枚の両面、黒のレコードを使います」と消極的にアピールします。

このアピールが弱いと、「色が変わった」という現象が、お客様に伝わりきらず拍手の量が減ります。

 

 

黒いレコードを3枚とも青いレコードのポケットの部分に入れます。

 

赤いシルクを穴に通して、おまじないをかけます。

 

そしてジャケットの中から赤いレコードを取り出してきます。

この時、お客様は「あっ、レコードの色が変わった!」と思います。

 

同様に、青色

 

黄色と同じ演技を行います。

 

 

最後に、ジャケットを開き、中が空であることを見せて演技を終わります。

 

 

不思議に見せるポイント

この手品を演じるときに、失敗しやすいのが、

2番目の青いレコードを取り出すときです。

 

失敗しない方法はこちら!

↓↓↓↓ ↓↓↓↓

 

 

この手品を演じるときに、失敗しやすいのが、

2番目の青いレコードを取り出すときです。

 

この時に、後ろにセットしている黄色いレコードが一緒に出てきてしまう事があります。

そうならないために、

レコードを取り出すときは、

ジャケットの裏側で穴に中指を入れて、

ほかのレコードが一緒に出てこないように押さえてきましょう。

 

この指で押さえておくだけで、演技がスムーズに行えるようになります。

 

 

解説映像

以下の解説映像では、

上記の記事では解説していない細かい部分まで動画に収録してます。

実際に瀧川一紀が解説している映像は下をごらんください

映像はコチラからどうぞ

 

 

 

 

ちょっといい話

シルクセレナーデは、

 

最後のオチ(ジャケットを開ける)の時に、

メッセージを出すことが出来ます。

 

サイズは、タテ175mm×ヨコ153mmで作るとちょうどいいサイズになります。

 

一番使いやすいのは、やはり「拍手」です。

 

よく使われるメッセージとして、

  1. 拍手(はくしゅ)
  2. おわり
  3. おしまい
  4. お誕生日おめでとう!
  5. メリークリスマス!

があります。

 

自分で作るのが苦手な方のために、

すぐにプリントアウトして使える

A4サイズのPDFデータをアップしておきました。

  • 拍手
  • メリークリスマス

2種類アップしてあります。

 

下のリンクよりダウンロードしてご自由にお使いください。

↓↓↓↓   ↓↓↓↓

MPC限定記事:シルクセレナーデ メッセージPDFデータ ダウンロード

2020年8月12日

 

 

 

たきかわ
シルクセレナーデは、初めての人にとってはすごくおすすめの手品です。宴会や余興などで急に人前で何かしなければならなくなった人にとっては、救世主のような手品です。
あや
宴会などでする場合もう少しマジックしないといけないんじゃないんですか?
たきかわ
そういったご質問は、気軽に下のコメント欄に書き込みください。お返事させていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA