【プロのやり方を解説】 超固く結ばれたシルクを一瞬でほどく手品     |ウソ結び|簡単|ステージ|小学生|

今回解説する手品は[簡単にほどけるシルク]です。|難易度★★☆☆☆|

現象
2枚の赤いハンカチーフをお客様にしっかりと結んでもらいます。結んでもらったハンカチをテーブルに置きます。おまじないをかけて持ち上げると一瞬でほどけてしまいます。

手品を覚え始めた間もないときに、大活躍する手品です。

 

この記事は

  • お客様が「あっ!」と驚く手品を覚えたい方
  • はじめて手品を覚える方
  • ステージマジックを覚えたい
  • 余興でマジックを頼まれた
  • 急に大勢の前で手品を披露しないといけなくなった
  • 応用がいっぱい出来る手品を覚えたい
  • おしゃべりマジックに使える手品が覚えたい

 

以上に該当する方には、おすすめです。

ぜひマスターして覚えてください。

用意するモノ

  • 45cm角シルク 2枚
オススメのシルク

 

最高品質の約45cm角シルク。パーティーやステージで使用するのに最もポピュラーなサイズのシルクです。

おすすめのマジックテーブル

 

準備

今回は準備は必要ありません。

道具を用意すればスグに演じられます。

 

 

詳しい演じ方は、下をご覧ください。

 

 

 

演じ方

手品全体の流れは非常にシンプルです。

  1. 2枚のハンカチを結ぶ
  2. もう一度結ぶ
  3. テーブルの上に置く
  4. 勢いよく取り上げると2枚のハンカチが外れる

 

基本的な流れはこんな感じとなります。

 

シルクの手品は単純であっても、とてもウケる手品です。

ぜひ、マスターしてください!

 

それではもう少し、

[簡単にほどけるシルク]に関して

詳しく解説していきましょう。

 

 

 

実演映像

実際に瀧川一紀が演じている映像をご覧いただけます。

映像はコチラからどうぞ

 

 

 

演技 1 2枚のハンカチを結ぶ

2枚のシルクを両手で持ち、端Aが上になるように端AとBを合わせます。

重ねた部分より下は持ったまま、右手の親指と人差し指で端Aを、左手の親指と人差し指で端Bを持ちます。

 

 

交差した2枚のシルクを手前からお客さん側に回すようにしながら、端Aと端Bをねじって交差させます。

 

 

演技 2 もう一度結ぶ

結び目の上からしっかりと普通に1回結びます。

 

 

 

結んだら、端Aとその根元を持ち、強く引っ張り一直線にします。

 

 

 

演技 3 テーブルに置く

Bのハンカチを手前から上にあげるようにしても持ち、ハンカチを振ります

この状態ではハンカチはほどけません。

 

 

しっかり結ばれているように見えますがねじれて絡まっているだけなので、

ハンカチの両端を引っ張ると簡単にほどけます。

 

 

演技では、テーブルなどの上に置き、

勢いよく持ち上げると抵抗とハンカチの重さでほどけます

 

 

 

解説映像 超固く結ばれたシルクを一瞬でほどく手品

動画で、結び方などのちょっとしたコツをお伝えしております。

 

実際に瀧川一紀が解説している映像は下をごらんください

 


<限定公開>
パスワードを入力してください

 

 

 

 

たきかわ
ハンカチの手品を取り入れると、演技がぐっと華やかになるのでオススメです
あや
大勢の前で手品をすることになった時にはカードマジックでは見えないですもんね
たきかわ
シルクを使った手品は思っている以上にお客さんにウケるので、ぜひやってみてね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA