【簡単】【種明かし】ペンとコイン|難易度★★☆☆☆

今回解説する手品は[ペンとコイン]です。

現象
500円玉を左手に握り、ペンが左手の拳の中を通過すると、左手に握ったはずの500円玉が消えてしまいます。再びペンが拳の中を通過すると500円玉が現れます。

身近にあるモノで、手品を披露しないといけないときに、すごく重宝する手品です。

 

この記事は

  • はじめて手品を覚える方
  • 身近にあるもで手品を披露したい
  • コインマジックを覚えたい
  • ちょっと練習のいる手品を覚えたい

 

以上に該当するには、おすすめです。

ぜひマスターして覚えてください。

用意するモノ

  • クリップつきのボールペン×1本(ジェットストリーム推奨)
  • 500円玉

 

準備

比較的、クリップの部分が柔らかく開きやすいタイプのボールペンを使います。

人から借りて演技をするときは、一度クリップの部分に500円玉をはさんでみます。はさむことにより、クリップが500円玉をどれくらいの力で保持できるのかを確認することが出来ます。

この手品を行うのに、ジェットストリームというボールペンは非常に演技がしやすくオススメです。



演じ方

手品全体の流れは非常にシンプルです。

  1. 500円玉を左手に握る
  2. ボールペンを左拳にとおす
  3. おまじないをかける
  4. 500円玉が消える
  5. 再び同じ事をする
  6. 500円玉が現れる

基本的流れはこんな感じとなります。

文章で読むと

「よくわかんな~い」

って感じですが、演じてみるとすぐに終わる手品でもあります。

 

それではもう少し、

ペンとコインの演技に関して、

詳しく解説してましょう。

実演映像

演技

500円玉を左手に持ちます。

 

ペンを左手の拳の中に押し込みます。

 

 

【重要】

  1. この時に500円玉をペンのクリップにはさみます。
  2. 500円玉はクリップの先の方で、はさんで保持します。

 

 

左手拳の小指側からでたペン先を、右手の親指と人差し指でつかみ前方に引き抜きます。

 

 

【重要】

ペンを拳から引き抜くときに、クリップにはさんだ500円玉がお客様に見えないように、右手の甲でカバーするようにしてください。

2枚目の写真は、1枚目の写真の右手の内側を撮影しています。

 

 

 

 

ボールペンを使っておまじないをかけてから、左手を開きます。

左手を開くと先ほど握った500円玉が消えてしまっています。

 

 

ボールペンを右手の親指人差し指中指で保持しています。ボールペンを右手の人差し指と親指で保持したまま中指を伸ばし、ボールペン全体を半回転させます。

※注意※

写真は500円玉が見えていますが、実際は500円玉は見えていません。

  

 

 

半回転させたら左手の拳の中に押し込みます。ペンを左手の拳の中に押し込みながら、クリップについた500円玉を外して左手の中においてきます。

 

 

 

左手の小指側から出てきたペンを右手の親指と人差し指でつかみ、引き抜きます。

 

 

ボールペンを使っておまじないをかけ、左手を開き500円玉が出現していることを示して演技を終わります。

 

解説映像

 

たきかわ
ペンとコインは、初めての人にとってはすごくおすすめの手品です。身近にあるモノを使って出来る手品はとても魅力的じゃないですか?
あや
ペンとコインを使ったマジックってほかにも色々あるんですか?
たきかわ
そういったご質問は、気軽に下のコメント欄に書き込みください。お返事させていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA