【即席手品】ボールペンを貫通する輪ゴム  |輪ゴム|ボールペン|貫通現象|簡単|小学生

今回解説する手品は[ボールペンを貫通する輪ゴム]です。 難易度★★☆☆☆

 

現象
ボールペンにしっかりと輪ゴムを巻き付けますが、
おまじないをかけると外れてしまいます。

身近にあるモノで、手品を披露しないといけない時に、すごく重宝する手品です。

 

この記事は

  • はじめて手品を覚える方
  • 身近にあるもので手品を披露したい
  • ちょっと練習のいる手品を覚えたい

 

以上に該当する方には、おすすめのマジックです。

ぜひマスターして覚えてください。

 

 

 

用意するモノ

  • クリップ付きのボールペン×1本
  • 輪ゴム×1

 

 

おすすめボールペン

ボールペン本体とクリップの先の間にスキマがあるモノを使ってください。

一部の可動式クリップはスキマがなくて適しません

 

動画で使用しているボールペンは、【三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム】になります。

 

 

 

 

準備

この手品に準備は特に必要ありません。

 

 

 

演じ方

手品全体の流れは非常にシンプルです。

 

  1. ボールペンに輪ゴムをしっかりと2重にかける
  2. 輪ゴムが外れる半分に折る

 

といった流れになります。

 

簡単ですね!

 

演技映像を見てぜひ覚えてレパートリーに入れてください。

 

それではもう少し、

[ボールペンを貫通する輪ゴム]の演技に関して、

詳しく解説していきましょう。

 

 

実演映像

実際に瀧川一紀が演じている映像をご覧いただけます。

映像はコチラからどうぞ

 

 

 

演技1 ボールペンに輪ゴムを巻き付ける

ボールペンを左手に持ち輪ゴムをかける。

 

写真ではわかりやすくするためにクリップを横に向けていますが、実際に演技をするときは手前に向けておくこと。

 

写真のように、クリップの先より1cmくらい下に輪ゴムをかけて右手を右にねじります。

 

 

ゴムを少し上にずらし、輪ゴムの交差した部分がボールペンとクリップの間に入れるようにします。

 

 

すぐ輪ゴムを手前にねじります。

 

 

上からボールペンに輪ゴムをかけます。

 

 

 

この時、クリップにひっかけた輪ゴムが外れないようにしてください。

 

 

このようにクリップの先と輪ゴムが引っかかっています。

 

 

写真のようにボールペンと輪ゴムを持ち、

 

 

ボールペンに輪ゴムを押しつける。この時、クリップに引っかかっていた輪ゴムを外します。

 

 

輪ゴムかボールペンを貫通したことを示して手品を終わります。

 

 

 

解説映像 ボールペンを貫通する輪ゴム

以下の解説映像では、

上記の記事では解説していない細かい部分まで収録してます。

実際に瀧川一紀が解説している映像は下をごらんください

映像はコチラからどうぞ

 

<限定公開 解説映像>
解説動画を見る方法

わずか10秒の無料簡易登録で解説動画が見放題になります。

登録したメールに動画パスワードが送られてきます。

お名前  
メールアドレス
希望パスワード

「すでに登録されています」とでる方
すでにメルマガへの登録が済んでおります。登録が済んでいる方は、こちらにアクセスいただき、【お問合せフォーム】より登録されているメールアドレスと名前を記入して「マジックペディアパスワード希望」とお申し込みください。瀧川本人が手作業でメールにパスワードを送らせていただきます。


 

下のボックスに【パスワード】を入れるとすべての記事が表示されます
↑↑↑↑ ↑↑↑↑

 

 

 


たきかわ
輪ゴムを使ったマジックは気軽に出来るのでしっかり練習したら、是非お友達とかにガンガン見せてあげてください。
あや
クリップ付きのボールペンも輪ゴムもその場にあるのを借りて出来ますもんね!
たきかわ
練習はもちろん必要だけど、人に見せることで手品はぐんと上手くなるよ。これで手品で大事な「間」をつかんじゃってください。

 

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA