【コインマジックテクニック解説】サムパームのやり方・コツ

今回解説するコインマジックテクニックは[サムパーム]です。 難易度★★☆☆☆

パームとは?
手品のテクニック(技法)の一つに、手の中にモノを隠す技術のことを言います。

手品を覚える上で、必ずマスターしなければいけないコインテクニックの1つです。

サムパームをマスターすれば、お客様からは手の中が空であるように見せつつコインを手の中に隠し持つことが可能となります。

 

この記事は

  • はじめて手品を覚える方
  • 身近にあるもので手品を披露したい
  • コインマジックを覚えたい
  • ちょっと練習のいる手品を覚えたい

 

以上に該当する方には、おすすめのコインマジックテクニックです。

ぜひマスターして覚えてください。

用意するモノ

  • 500円玉×1枚

 

今回の練習では、必要ありませんが、

今後、コインマジックを

真剣にマスターしようと考えている方にとっては、

テーブルマットは必需品となります。

 

おすすめマット

  

表面はベロア仕上げで適度に高級感があり、裏面はゴムになっておりますので滑りにくい作りとなっており、適度な大きさなので持ち運びにも便利です。サイズ (約): 41.5cm x 32.5cm

 

準備

特に準備は必要ありません。

サムパームとは

サムパームというコインマジックのテクニックは非常にシンプルです。

  1. 親指の付け根と人差し指の間でコインの縁をはさむ
  2. 他の指は、自然に伸ばしておく
  3. 腕全体の力を抜

といった流れになります。

文章で読むと

「なんだ、簡単じゃん!」

って感じですが、練習てみると難しさが分かるテクニックでもあります。

 

それではもう少し、

「サムパーム」に関して、

詳しく解説していきましょう。

実演映像

実際に瀧川一紀が演じている映像をご覧いただけます。

演じている映像はコチラ

 

詳しい解説映像は、記事の下の方にあります。

 

サムパームの保持する場所

コインのサイズにより、

持つ位置が変わることがありますが、

基本的には、親指の付け根でコインをはさんで保持するパームします。

コインは縁だけをはさんで保持し、大部分は手のひら側に出ています。

 

 

 

サムパームのやり方 1

親指と人差し指でコインを保持します。

 

 

 

中指をコインの後ろからあて、コインを手前側に倒し、人差し指と中指で保持します

 

 

 

中指と人差し指でコインをはさんだまま、親指と中指を近づけます

この時、コインは親指の上にのせるようにします

 

 

コインが親指の上をすべらせるようにしながら、中指をまげます。

 

 

 

親指の付け根にコインが当たるまで、中指を曲げます

 

 

親指の付け根でコインをはさみます

 

 

 

 

 

サムパームのやり方 2

もう1種類のサムパームのやり方に、

手のひらをお客様にみせ、中指の指先にコインを保持している状態からサムパームをする方法

というのがあります。

 

 

この方法に関しては、記事の最後にある、

「解説動画」の方で詳しく解説しています。

 

 

 

間違ったサムパームのやり方

サムパームをするときに、

持ちやすいからといって、

コインを親指の付け根にはさむときに、コインをひっくり返す人がいます。

これは絶対してはいけません!

  

 

ここが重要

この間違った方法で、サムパームを覚えると、

  1. コインが付け根にしっかりと保持できない(コインの保持位置が浅くなりがち)
  2. 最初に示したコインの向きと、元に戻したときのコインの向きが変わってしまう

以上の問題が起こります。

この二つの問題は、お客様から見たときに、

とても不自然に見えます

 

 

解説映像 サムパームのやり方・コツ

実際に瀧川一紀が解説している映像をご覧いただけます。

動画では、ブログでは解説していない「サムパームのやり方」を追加で収録してあります。

解説している、映像はコチラになります。

↓↓↓↓ ↓↓↓↓

<限定公開>
パスワードを入力してください

 

 

 

 

たきかわ
コインマジックは、初めての人にとっては難しく感じる手品かもしれません。今回解説した手品はとても簡単で小学生でもすぐに披露できてオススメです。
あや
コインマジックってほかにも色々あるんですか?
たきかわ
そういったご質問は、気軽に下のコメント欄に書き込みください。お返事させていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA