指先のテクニックの練習|難易度★★☆☆☆

今回解説する手品は[指先のテクニックの練習 ボール編]です。

現象
マジシャンが指先でボールを自由に転がしていき、最後はボールが消えてしまいます。

すべての手品の基本が凝縮されています。

通常は、「シカゴの四ッ玉」とか「ビリヤードボール」といった手品道具を購入して練習します。

こんな方におすすめ

  • 経費がかけられない
  • 手品道具を持っていない
  • 落としても音が鳴らないほうがいい
  • 座りながら、指先のトレーニングをしたい
  • 指先のリハビリをしたい
  • たくさんの人に一度に手品を教えたい

そういった方には、オススメの記事です。

用意するもの

  1. アルミホイル 幅30センチ×長さ25センチ

 

準備

アルミホイルを丸めて、直径3センチくらいのたまにします。

あまり綺麗に丸めず、でこぼこしている方が練習はしやすいです。



演じ方

丸めたアルミホイル(以下ボール)を

右手の人差し指と中指の間にはさみます。

 

薬指をボールの後ろに当て、

ボールを中指と薬指の間に移します。

 

 

 

小指でもおなじようにして、

薬指と小指の間に転がして移します。

 

 

 

中指をボールの上にあてて転がして

中指と薬指の間に移し替えます。

 

 

 

人差し指で同じようにしてボールをはさみ

人差し指と中指の間にボールを移します。

 

 

 

不思議に見せるポイント

ボールを指の間で移動させることが出来ても、

「出来ている気がする」⇒実際は全く出来てない

という状況に陥りやすい、勘違いしやすいポイントが2つあります。

  1. すべての指を毎回しっかり伸ばして、ボール移動が出来ているか?
  2. ボールは動かすが、ボールの位置は変わってはいけない

 

指をしっかり伸ばしているのか?

指の間でボールを転がすことが出来ても、

指が曲がったままでは出来ているとはいえません。

 

 

ボールは動かすが、動いてはいけない!

コレは、とても重要。

ボールを指の間に転がしているように見えますが、

実際は、ボールが固定されたまま指が移動しているんです。

 

 

たきかわ
手品と言うよりは、手品における基礎となる「指のストレッチ」となります。あせらず、1本1本じっくり指を動かしていってください。あせりは禁物です。
あや
簡単なように見えて全く指動きませ~ん
たきかわ
この手品でわからないことがあれば、気軽に下のコメント欄でご質問ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA